読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじめ系クズの馬鹿でダメダメだった僕が偏差値40からGMARCH合格を3か月で勝ち取った方法

1日8時間勉強しても成績が上がらず、受験すらあきらめようと思っていた僕が最後の3か月で成績を一気に引き上げ、偏差値40からGMARCH合格を勝ち取った大逆転受験ブログです!

わかりづらい世界史の教科書を絵本のように理解できるようにする方法

こんにちは、シンです!

 

僕は受験生の頃、

 

世界史すらちんぷんかんぷんで

何を言っているのかよくわからないし、

 

テストでもあてずっぽうのような形で

ラッキー正解しかできていなかった時期があります。

 

 

社会教科ですらまともに勉強できないなんて、

自分はどうかしている

 

今後の人生で、良い人生を歩めるはずがない

と思いこみ、

 

 

どんどん将来への不安が高まり、

うつ状態になってしまった。

 

こんな状態ではないにしろ、

あなたは

世界史で点数が取れないと悩んでいる

かもしれません。

 

 

安心してください。

 

こんな僕でも

センター世界史では9割、

立教の試験でも満点近くの点数を

残すことができました。

 

 

そこで

今回は、世界史全般に使える

勉強法を伝えていきます!

 

 

この勉強法を知り、実践したときは驚きました。

 

全く覚えられていないし、

意味も全然理解できなかった世界史の偏差値が、

 

1か月足らずで偏差値が8以上上がったからです。

 

f:id:passgmarch:20161226152612j:plain

 

僕はこの方法で、

世界史ができるようになり、点数も上がっていきました!

 

 

その方法とは、

 

 

穴埋め問題集の利用

 

穴埋めの問題集、ご存知ですか?

 

市販でいくつも売られているので、

一度手に取ってください!

 

 

これは最強です!!

 

 

何がいいかと言えば、

 

・問題形式になっているのでアウトプットができる

・ストーリーがつかみやすい

・重要な単語がわかる

 

穴埋めの問題集だけで

これだけのメリットがあるんです!

 

 

教科書って説明を省きがちで、

意外とわかりづらいですよね?

 

 

でも、そんな教科書を読んだ後に

穴埋めの問題集をやれば、

 

しっかり流れをつかめているかの確認にもなるし、

問題になれることもできます!

 

 

今まで理解できなかった世界史の流れを

つかむことができるので、お勧めします。

 

なぜ穴埋めがいいのかというと、

ストーリーがはっきりしているし、

穴がアクセントになって集中しやすいからです。

 

 

ぜひ世界史の勉強は穴埋めの問題集を

使ってみてください!

 

 

それでは教科書を読み終わったあなたから、

穴埋めの問題集で問題演習を行っていってください!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!