読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじめ系クズの馬鹿でダメダメだった僕が偏差値40からGMARCH合格を3か月で勝ち取った方法

1日8時間勉強しても成績が上がらず、受験すらあきらめようと思っていた僕が最後の3か月で成績を一気に引き上げ、偏差値40からGMARCH合格を勝ち取った大逆転受験ブログです!

暗記が苦手な人だからこそできる世界史必勝勉強法

こんにちは、シンです!

 

僕はもともと暗記力が人よりも劣っていました。

 

暗記と聞くとそれだけで拒否反応を示し、

どうせ人よりも覚えられないんだから

覚える努力は必要はないんじゃないか?

 

とさえ思っていました。

 

 

しかし、受験生になった僕は

当然暗記に立ち向かわなければならず、

逃げ出したくなることが50回くらいありました。

 

 

f:id:passgmarch:20170105093944j:plain

 

特に問題だったのが世界史。

 

 

世界史は理解も必要ですが、

基本的には暗記科目です。

 

 

これ

全部覚えるのは不可能だろ、、、

と心では感じていましたが、

やらなければ仕方ないので、

 

いやいややっていました。

 

いやいややっていても、

 

全然成績は伸びることもなく、

勉強中も違うことを考えたり、

文字を読むだけで頭にはいってこない

 

という状況がしばらく続きました。

 

しかし、たまたま世界史の得意な友人に

勉強方法を聞くと、

 

 

僕の世界史の成績はどんどん伸びていきました。

 

 

もっと早く聞いておけばよかったと

聞いてから後悔したくらいです。

 

 

というのもその友人も

暗記力には自信がない

ということだったんです!

 

 

ではどうやって世界史を得意教科にしていったのか。

 

それは、

 

一問一答をひたすら解き続け、

何冊も違うものを使う

 

 

というものです。

 

 

もちろん

世界史の勉強の際には

教科書や、歴史の流れを知ることができる

参考書を使うのは必須です。

 

 

しかし、

GMARCHの問題になってくると、

ほとんどが基本的な事項ですが、

たまに、「なんだこれ?」

 

というものが出てきます。

 

 

こういったムラをなくすために

一問一答が役に立つんです!

 

一問一答の良いところは、

 

 

細かい問題を幅広く扱っていて、

コンパクトで、

勉強の計画が立てやすいところです

 

 

まずは1冊。

全部の事項を完璧に覚えてください。

 

「それが難しいんじゃん」

と思うかもしれませんが、そんなことは

ないです。

 

 

2周しても覚えられないなら3周。

 

それでも覚えられないならもっとやれば

良い話です!

 

そして、知識のムラをなくすためにも、

 

1冊で終わらせないでください!

 

1冊完璧にしてからでもいいので、

違う問題にも手を出してください。

 

 

同じような問題がほとんどかもしれませんが、

違う問題の出し方や、

知らない知識が確実に出てくるので、

 

 

何冊も解いてみてください!

 

 

それでは、スマホやPCを閉じて、

一問一答に取り組んでみてください!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!